キネシオロジーは古代ギリシャに始まった

キネシオロジーの創始者、古代ギリシャのアリストテレスキネシオロジーとは、人や動物の運動に関する研究で数千年前から続く古代ギリシャの「生物学の父」と呼ばれるアリストテレス(Aristotle)から始まった生体力学です。運動を意味するギリシャ語のキネシス(kinesis)からきています。

姿勢を保ち運動を起こすためには神経が筋に指令を出し、筋は骨に作用するという”神経”、”筋”、”骨”の関係を明らかにしました。医療用筋力テストというものがあり治療法として高い評価を受けています。

キネシオロジーの法則は、最大の効果を得るために最少エネルギーを用いるということです。
例えば、機械や道具を使って体を危険にさらすことなく重いものを持ち上げるやり方と同じです。スポーツ選手も動きを効率化させるため、キネシオロジストに治療を求めるようになり、医療分野でも人工股関節の設計、効率的なリハビリ方法など幅広く応用されています。今日ではこの研究は「バイオメカニクス」と呼ばれています。

1780年に筋の収縮がインパルス(電気信号)によって起こることが発見され、生きている人間や動物においては中枢神経の制御によって電気的インパルスの結果運動を起こることが証明されました。それまでは、筋肉には筋自身の意志があると考えられていたので、このことが証明されてからは神経生理学がキネシオロジーの研究に当然含まれるようになりました。

AK、アプライドキネシオロジーの創始者ドクタージョージ・グッドハートこれに対してAK、アプライドキネシオロジーは1964年に始まったカイロプラクターであるジョージグッドハート(George Goodheart)創始した新しい治療法です。

タッチフォーヘルスの創始者ジョン・シー1973年にJohn Thie(ジョン・シー)がAKを一般向けに簡略化したものがタッチフォーヘルス(TFH)です。

コメントを残す