胃下垂とは

製作途中
wikipediaより

胃下垂(いかすい、英:gastroptosis)とは、胃が正常な位置よりも下まで垂れ下がっている状態のことを言う。症状の重い場合は、へそのあたりや骨盤の位置まで落ち込む(胃アトニー)こともある。胃、そのものの位置が変わるわけではなく、胃の上部は正常な位置にあり、下部が延びている状態である。

原因としては胃下垂は様々な要因で起こるが、「胃を支える筋肉や脂肪の少ない痩せ型で長身の人」がなりやすいと言われている。その状態で、暴飲暴食、過労、不安などによるストレスが引き金となり、胃での消化が悪くなって食物が溜まりすぎてしまったために引き起こされることが多い。その他、腹部の手術や出産などを繰り返した場合にも起こる。俗に「胃下垂は食べても太らない・痩せている人に多い」と言われている。

初期の段階では自分が胃下垂であるといった自覚がない方もいらっしゃいます。なんとなく胃下垂ぎみかな?という程度ではないでしょうか。知らないうちにそのまま胃が元の位置に戻ってしまうこともありますし、時間の経過で症状が進んでいく場合もあります。

私も気づいていませんでしたがずいぶん長い間胃下垂でした。
それは治った今だからより実感できます。
 
長身の子供に多いのですが、背が高いことが恥ずかしいのでつい猫背になってしまい、背中が丸くなることで肋骨が胃や横隔膜の部分を圧迫してしまいます。当然呼吸も浅くなり横隔膜の上下運動も小さくなり、肺も大きく膨らまないので益々スペースが狭くなってきます。
そうやってだんだんと胃が肋骨の下へと押し出されていくといえます。

猫背の人は他にも腰椎が反対側に曲がっていくので骨盤を後傾にしてしまいます。姿勢がわるくなり脊柱がきれいなS字を描くことができません。この骨盤後傾がいっそう胃下垂の後押しをします。

子供のころは特に痩せ型で、食べても太らない、そして長身。
大人になってからは暴飲暴食、ストレス、消化が非常に悪く腸の働きもすごく悪かったです。
だいたい胃下垂の条件がほぼ揃っていますね。

しかし胃下垂の症状がどんと出たのは

コメントを残す